HOME > NEWS > TCR JAPAN series 第1戦 Sunday Series予選レポート
2019.05.19
TCR JAPAN series 第1戦 Sunday Series予選レポート

TCRジャパンシリーズ2019第1戦Sunday Seriesの予選が、2019年5月19日、大分県のオートポリスインターナショナルレーシングコースで開催されました。

Saturday Seriesで多くのドライバーを苦しめた雨は朝にはいったん上がったものの、予選直前に再び降り始めました。前日同様、難しい路面コンディションのもと、午前8時10分から20分間の公式予選がスタートしました。

前日の予選でクラッシュし、決勝に参加できなかったマシンも、この日の予選までには修復が終わり、前日同様、アルファロメオ ジュリエッタ TCRが2台、ホンダ シビック タイプR TCRが4台、アウディ RS 3 LMSが5台、フォルクスワーゲン ゴルフGTI TCRが4台の計15台が、ピットエンドのグリーンシグナルとともに、コースに向かいます。

さっそく2周目には、各ドライバーがタイムアタックを開始。「早いタイミングでベストタイムを出しておきたかった」という#21 アウディ RS 3 LMSの篠原拓朗選手が、昨日を上回る2分9秒220でまずはトップタイム。これをターゲットに、#18 ホンダ シビック タイプR TCRのMatthew Howson選手と#5 ホンダ シビック タイプR TCRの金丸ユウ選手がそれぞれ2分9秒244,2分9秒307をマークしますが、#21 篠原選手には及びません。

その後、コースコンディションが改善されなかったこともあり、ベストラップは更新されることはなく、#21 篠原選手がポールポジシションを獲得。2番手に#18 Howson選手、3番手には#5 金丸選手がつけました。

ジェントルマンクラスは、前日の決勝で速さを見せながらも、走行中の接触などで結果を残すことができなかった#62 ホンダ シビック タイプR TCRの塩谷烈州選手が2分10秒253、総合4番手のタイムをマークし、クラス1位になりました。

Sunday Seriesの決勝レースは、同日午後12時25分にスタートの予定です。

Series Supporter
Promotion Partner
Copyrights (C) TCRJ All Rights Reserved.