HOME > NEWS > TCR JAPAN series 第2戦 Saturday Series決勝レポート
2019.06.22
TCR JAPAN series 第2戦 Saturday Series決勝レポート

TCRジャパンシリーズ2019第2戦Saturday Seriesの決勝レースが、2019年6月22日、宮城県のスポーツランドSUGOで開催されました。

TCRジャパンシリーズでは、各ラウンドの土曜日にSaturday Series、日曜日にSunday Seriesが行われ、それぞれ20分の公式予選と23分+1周の決勝レースが組み込まれています。

この日の午前11時から行われた予選では、オーバーオールはアウディ RS 3 LMSの#21 篠原拓朗選手、ジェントルマンクラスはアルファロメオ ジュリエッタの#33 前嶋秀司選手がそれぞれポールポジションを獲得しました。

決勝レースが始まる午後4時35分には雨も上がり、コースはドライコンディションに。そして、1周のフォーメーションラップのあと、スタンディングスタートによりレースが始まりました。

ここでさっそく波乱が。ポールポジションの#21 篠原選手がスタートで出遅れる一方、2番手の#33 前嶋選手と3番手でVWゴルフGTIの#52 密山祥吾選手が好スタートを決めて、#21 篠原選手の前へ。ところが、その直後、ホールショットを決めた#33 前嶋選手が1コーナー先でスピンを喫し、最後尾までポジションを落としてしまいました。

ここから、#52 密山選手、シビック タイプRの#18 Matthew Howson選手、#21 篠原選手によるトップ争いが始まりましたが、2周目の1コーナーで#21 篠原選手が#18 Howson選手をオーバーテイクして2位に浮上し、#52 密山選手に迫っていきます。2台の差は一時コンマ3秒まで縮まりましたが、#52 密山選手は#21 篠原選手を最終ラップの17周まで抑えきり、自身初勝利を遂げました。

一方、ジェントルマンクラスは、クラス2番手、7番グリッドからスタートしたシビック タイプRの#72 YUKU TANIGUCHI選手が1周目には総合4位、クラストップに躍り出ます。その後もクラス2番手で追うVWゴルフGTIの#19 HIROBON選手を寄せ付けない走りで、前回のオートポリスに続き、Saturday Seriesで2連勝を遂げました。最後尾まで順位を落とした#33 前嶋選手は脅威の追い上げで3番手までポジションを上げ、表彰台を獲得しています。

明日、6月23日には、TCRジャパンシリーズ2019第2戦Sundauy Seriesが開催されます。公式予選は午前8時35分に、決勝レースは午後4時35分にスタートします。
Series Supporter
Promotion Partner
Copyrights (C) TCRJ All Rights Reserved.