HOME > NEWS > TCR JAPAN series 第2戦 Sunday Series予選レポート
2019.06.23
TCR JAPAN series 第2戦 Sunday Series予選レポート

TCRジャパンシリーズ2019第2戦Sunday Seriesの予選が、2019年6月23日、宮城県のスポーツランドSUGOで開催されました。

朝の時点では雨は上がっていたものの、どんよりとした曇り空に覆われたSUGO。コース上にところどころにウェットパッチが残るなか、午前8時35分から20分間の公式予選が行われました。

参加車両は前日同じ顔ぶれで、アルファロメオ ジュリエッタ TCRが2台、ホンダ シビック タイプR TCRが4台、アウディ RS 3 LMSが5台、フォルクスワーゲン ゴルフGTI TCRが4台の計15台は、ピットエンドのシグナルがグリーンに点灯するやいなや、コースに向かいます。

真っ先にコースに入った シビック タイプRの#18 Matthew Howson選手が、まずは計測3周目に1分28秒台をマークし、ここからタイムアタックが本格化。VWゴルフGTIの#25 松本 武士選手、アウディ RS 3の#19 HIROBON選手が1分29秒台でこれを追うなか、アウディ RS 3の#21 篠原拓朗選手が、前日の予選で叩き出したコースレコードに迫る1分27秒598でトップに躍り出ます。アルファロメオ ジュリエッタの#33 前嶋秀司選手も自己ベストの1分28秒194をマークしますが、#21 篠原選手には届きません。

#33 前嶋選手はピットストップ後に再度タイムアタックを開始し、計測7周目に、コースレコードを上回る1分27秒443でトップに浮上しました。この結果を受けて、#21 篠原選手も2度目のタイムアタックに挑み、セクター1と3では全体のベスト、セクター2でも自己ベストを更新するタイムをマークし、1分27秒129でポールポジションを獲得しました'。ジェントルマンクラスの#33 前嶋選手は、クラストップ、オーバーオールで2位のポジションとなりました。

Sunday Seriesの決勝レースは、同日午後4時35分にスタートの予定です。
Series Supporter
Promotion Partner
Copyrights (C) TCRJ All Rights Reserved.