HOME > NEWS > TCR JAPAN series 第3戦 Sunday Series予選レポート
2019.07.14
TCR JAPAN series 第3戦 Sunday Series予選レポート

TCRジャパンシリーズ2019第3戦Sunday Seriesの予選が、2019年7月14日、静岡県の富士スピードウェイで開催されました。

参加車両とドライバーは前日行われたSaturday Seriesと同じ顔ぶれで、アルファロメオ ジュリエッタ TCRが2台、ホンダ シビック タイプR TCRが5台、アウディ RS 3 LMSが6台、フォルクスワーゲン ゴルフGTI TCRが4台の計17台。富士は朝から雨に見舞われ、あいにくのウェットコンディションのもと、午前8時10分から20分間の公式予選が行われました。

コースコンディションの悪化に備えて、早めにタイムを出しておきたい各ドライバーは、コースオープンとともに続々とコースに向かいます。そして計測2周目には、アウディ RS 3の#21 篠原拓朗選手がさっそく2分5秒台のタイムをマークし、このあたりからタイムアタックが本格化していきます。

セッション前半は、VWゴルフGTIの#52 密山祥吾選手、シビック タイプRの#5 金丸ユウ選手、そして、#21 篠原選手の3人が2分5秒台の攻防。一旦ピットに戻り、セッション後半に備えます。この間にトップに躍り出たのが、VWゴルフGTIの#25 松本武士選手。ひとり2分5秒を切る2分4秒695で、雨の強さをアピールしました。

セッション後半、#52 密山選手、#21 篠原選手がポジションアップを果たせないでいるなか、予選終了ぎりぎりで最後のアタックに臨んだ#5 金丸選手が、#25 松本選手のタイムをコンマ045秒上回る2分4秒650を叩き出してトップに浮上。さらに、シビック タイプRの#18 Matthew Howson選手が2分4秒992で3番手と、シビックが好調さを見せました。

ジェントルマンクラスは2分5秒446を記録した#33 前嶋選手がポールポジションを獲得。総合5番手、3列目からのスタートになります。

Sunday Seriesの決勝レースは、同日午前11時55分にスタートの予定です。
Series Supporter
Promotion Partner
Copyrights (C) TCRJ All Rights Reserved.