HOME > NEWS > TCR JAPAN series 第4戦 Saturday Series決勝レポート
2019.09.28
TCR JAPAN series 第4戦 Saturday Series決勝レポート

TCRジャパンシリーズ2019第4戦Saturday Seriesの決勝レースが、2019年9月28日、岡山県の岡山国際サーキットで開催されました。

TCRジャパンシリーズでは、各ラウンドの土曜日にSaturday Series、日曜日にSunday Seriesが行われ、それぞれ20分の公式予選と23分プラス1周の決勝レースが組み込まれています。

この日の午前10時35分からは、雨が降ったりやんだりと不安定な天候のもと予選が行われ、オーバーオールはアウディ RS 3 LMSの#21 篠原拓朗選手、ジェントルマンクラスはアルファロメオ ジュリエッタの#33 前嶋秀司選手がそれぞれトップタイムを叩き出しました。

予選の雨はその後上がり、決勝レースが行われる午後4時頃には青空が戻りました。絶好のコンディションのもと、16時3分、スタンディングスタートにより戦いの火蓋が切られます。ここで、ポールポジションの#21 篠原選手が絶妙なスタートを決め、トップを守ったまま1コーナーに進入。一方、2番グリッドの#33 前嶋選手がスタートを失敗し、その隙に、5番グリッドのホンダ シビック タイプR TCRの#5 金丸ユウ選手が2位にジャンプアップ。さらに、ホンダ シビック タイプR TCRの#18 マシュー・ホーソン選手が3番手に浮上しますが、後続のVWゴルフGTIの#52 密山祥吾選手と接触して1コーナー外側でコースアウトし、大きく順位を落としてしまいました。

ここから、3位に後退した#33 前嶋選手と、前を走る#5 金丸選手による2位争いが勃発。ペースを上げた#33 前嶋選手は2周目には#5 金丸選手を捉えて2位にポジションを戻します。ところが、その直後、#33 前嶋選手にジャンプスタートの判定が下り、ドライブスルーペナルティで最後尾まで順位を落としてしまいました。

2位に順位を上げた#5 金丸選手は、その後も、VWゴルフGTIの#19 HIROBON、同じくゴルフの#25 松本武士選手と激しい2位争いを繰り広げることになります。その間に、トップの#21 篠原選手は後続との差を大きく広げ、3周終了後には約7秒、レース中盤の7周終了後には9秒の大差を築き、初優勝に向けて着実に周回を重ねて行くのでした。結局、#21 篠原選手は一度もトップを明けわたすことなく15周のレースを終え、Sunday Seriesを含めて、念願の初優勝を手に入れました。2位でゴールした#5 金丸選手は、レース後に車両に違反が見つかり失格。これにより、2位は#25 松本武士選手、3位はジェントルマンクラスの#19 HIROBON選手が繰り上がりました。

ジェントルマンクラスは、前述の#19 HIROBON選手がクラス初優勝。2位はホンダ シビック タイプR TCRの#72 YUKU TANIGUCHI選手、3位はホンダ シビック タイプR TCRの#62 塩谷烈州選手となりました。ドライブスルーペナルティにより最後尾までポジションを落とした#33 前嶋選手はクラス4番手、総合7番手まで追い上げました。

明日、9月29日には、TCRジャパンシリーズ2019第4戦Sunday Seriesが開催されます。公式予選は午前8時30分から、決勝レースは午後1時35分から行われる予定です。

Series Supporter
Promotion Partner
Copyrights (C) TCRJ All Rights Reserved.