HOME > NEWS > TCR JAPAN series 第4戦 Sunday Series決勝レポート
2019.09.29
TCR JAPAN series 第4戦 Sunday Series決勝レポート

TCRジャパンシリーズ2019第4戦Sunday Seriesの決勝レースが、2019年9月29日、岡山県の岡山国際サーキットで開催されました。

この日の午前8時30分から行われた予選では、オーバーオールはアウディ RS 3 LMSの#21 篠原拓朗選手がSunday Seriesで3戦連続のポールポジションを獲得。一方、アルファロメオ ジュリエッタの#33 前嶋秀司選手がジェントルマンクラストップ、2番グリッドからのスタートとなりました。

事前の予報では雨が心配された岡山国際サーキットでしたが、さいわい予報は外れ、夏を思わせる暑さに包み込まれました。そんな天候のもと、1周のフォーメーションラップののち、午後1時38分にはスタンディング方式によりスタートが切られました。ポールポジションの#21 篠原選手がホイールスピンにより出遅れる隙に、2番グリッドの#33 前嶋選手がトップに躍り出ます。さらに、VWゴルフGTIの#52 密山祥吾選手、シビック タイプRの#5 金丸ユウ選手も先行し、#21 篠原選手は4番手までポジションを落としてしまいます。

しかし、この週末、専有走行、Saturday Seriesの予選と決勝のすべてでトップタイムをマークしている#21 篠原選手は、すぐさま反撃を開始。1周目終了時は3位、2周目終了時は2位にポジションアップ。そして、3周目には#33 前嶋選手とのバトルに競り勝ち、トップの座を奪還することに成功しました。その後、#21 篠原選手は後続の#33 前嶋選手との差をじわじわと広げ約5秒の差を築いて独走態勢に。そのまま15周を走りきり、#21 篠原選手は見事、ポール・トゥ・ウィンで、このSunday Seriesでも初優勝を遂げました。その後方では、#33 前嶋選手が#52 密山選手との差を広げて2位でフィニッシュ。#52 密山選手は3位表彰台を獲得しました。

ジェントルマンクラスは、総合2位でフィニッシュした#33 前嶋選手が優勝。クラス2位争いは、序盤2番手を走行していたVWゴルフGTIの#19 HIROBON選手がジャンプスタートでドライブスルーペナルティが科されて後退する一方、シビック タイプRの#72 YUKU TANIGUCHI選手がポジションを上げて2番手でゴール。そして、3番手には、アウディ RS 3 LMSの#23 YOSHIKI選手が入り、表彰台を獲得しています。なお、#19 HIROBON選手が8位で終わったため、#33 前嶋選手は最終戦を待たずに、Sunday Seriesでジェントルマンクラスのシリーズ優勝を決めました。

最終ラウンドとなる第5戦は10月25日、26日、WTCRが行われる鈴鹿サーキットで開催されます。


Series Supporter
Promotion Partner
Copyrights (C) TCRJ All Rights Reserved.