HOME > NEWS > TCR JAPAN series 第5戦 Sunday Series予選レポート
2019.10.25
TCR JAPAN series 第5戦 Sunday Series予選レポート

TCRジャパンシリーズ2019第5戦Sunday Seriesの予選が、2019年10月25日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されました。

Sunday Seriesは通常、予選、決勝ともに日曜日に開催されますが、今回は、SUPER FORMULA第7戦に加えて、WTCR(FIA WORLD TURING CAR CUP) JVCKENWOODレース・オブ・ジャパンと併催となることからレーススケジュールが変更。当初、予選はSaturday Seriesの予選終了から20分後の25日(金)午後2時40分にスタートする予定でしたが、雨でスケジュールが遅れ、午後3時20分からの開始になりました。

車両とドライバーはSaturday Seriesと同じ顔ぶれで、アルファロメオ ジュリエッタ TCRが2台、ホンダ シビック タイプR TCRが5台、アウディ RS 3 LMSが4台、フォルクスワーゲン ゴルフGTI TCRが5台の計16台が参加しました。

予選が始まるころには、鈴鹿サーキット上空の雲から青空が見え始め、雨もほぼ上がりました。Saturday Seriesよりも速いタイムが期待できます。セッション開始とともに、ほぼすべてのマシーンがピットを離れます。そして、各マシーンがタイムアタックを開始するというタイミングで2コーナーでコースオフするマシンが現れたため、セッションが赤旗中断します。

車両の回収が終わり、セッションが再開した時点で残り時間は9分。鈴鹿サーキットの天候は急速に回復し、雲間から太陽が顔を覗かせるまでに。ここから予選は仕切り直しになり、まずはホンダ シビック タイプR TCRの#18 マシュー・ホーソン選手が2分29秒885のトップタイムをマークします。一方、同じシビックを駆る#5 金丸ユウ選手は、回復しつつある路面コンディションにマシンのセットアップが合わず、タイムアップを図ることができません。

ここで、VWゴルフGTI TCRの#25 松本武士選手が渾身のタイムアタックで2分29秒296を叩き出し、トップに浮上。その後、これを上回る者は現れず、#25 松本選手は初のポールポジションを獲得しました。2番手は#18 マシュー選手、3番手は#5 金丸選手でした。

ジェントルマンクラスは、#19 HIROBON選手に続き、2番手はアルファロメオ ジュリエッタ TCRの#33 前嶋秀司選手、3番手はホンダ シビック タイプR TCRの#72 YUKE TANIGUCHI選手でした。

Sunday Seriesの決勝レースは、翌26日(土)、午後4時15分にスタートの予定です。
Series Supporter
Promotion Partner
Copyrights (C) TCRJ All Rights Reserved.