HOME > NEWS > TCR JAPAN series 第5戦 Saturday Series決勝レポート
2019.10.26
TCR JAPAN series 第5戦 Saturday Series決勝レポート

TCRジャパンシリーズ2019第5戦Saturday Seriesの決勝レースが、2019年10月26日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されました。

TCRジャパンシリーズでは、通常、各ラウンドの土曜日にSaturday Series、日曜日にSunday Seriesが予定され、それぞれ20分の公式予選と23分プラス1周の決勝レースが行われます。今回は、SUPER FORMULA第7戦に加えて、WTCR(FIA WORLD TURING CAR CUP) JVCKENWOODレース・オブ・ジャパンと併催となることからレーススケジュールが変更。Saturday Seriesの予選が前日の10月25日に行われています。

その予選では、ホンダ シビック タイプR TCRの#5 金丸ユウ選手がポールポジション。また、ジェントルマンクラスはアルファロメオ ジュリエッタの#33 前嶋秀司選手がトップタイムをマークし、総合4番グリッドを獲得しています。

薄曇りの鈴鹿サーキットでは、午前11時30分から決勝レースが行われました。1周のフォーメーションラップのあと、スタンディングスタートによりレース開始。まずは、ポールポジションの#5 金丸選手と、2番グリッドで同じシビックの#18 マシュー・ホーソン選手がうまくスタートを決め、ほぼ横並びの状態のまま1コーナーに進入。#5 金丸選手がなんとかトップを守りますが、#18 マシュー選手も、2コーナーを過ぎ、S字コーナーまで#5 金丸選手の横で食い下がります。

そのすぐ後ろでは、3番手スタートのフォルクスワーゲン ゴルフGTI TCRの#25 松本武士選手と、ジェントルマンクラスでアルファロメオ ジュリエッタ TCRを駆る#33 前嶋秀司選手が激しい3位争いを繰り広げます。#33 前嶋選手は200Rで#25 松本選手の前に出ますが、シケインで#25 松本選手が3位にポジションを戻します。さらに2周目にはVWゴルフGTI TCRの#52 密山祥吾選手が4番手にポジションをアップ。これに#33 前嶋選手、VWゴルフのジェントルマンクラスの#19 HIROBON選手が続き、トップ集団のポジション争いが激化していきます。

このまま激しいバトルが続くと思われましたが、3周目、アウディ RS 3 LMSの#190 植田正幸選手が130Rでコースアウトしたことから、マシン撤去のため、4周目にセーフティカーが導入されることに。さいわい#190 植田選手は自力でピットに戻ることがでましたが、レースが再開された7周目の時点で残り時間5分30秒になりました。仕切り直しになったレースは、#5 金丸選手がうまくペースをコントロールしてトップのポジションをキープ。これに#18 マシュー選手、#25 松本選手、#52 密山選手、#33 前嶋選手が続き、逆転を狙います。

レースが動いたのは9周目。デグナーカーブで#25 松本選手と#52 密山選手が接触して戦線から離脱し、#33 前嶋選手が3番手、#19 HIROBON選手が4番手にそれぞれ順位をアップします。その後、一時#19 HIROBON選手が#33 前嶋選手の前を走る場面もありましたが、#33 前嶋選手はすぐに3番手に順位を戻し、ジェントルマンクラスのトップに返り咲きます。

一方、トップ争いは、#5 金丸選手が#18 マシュー選手との差を広げ、首位の座を守り切り、Saturday Seriesで2回目の優勝を手にしました。3位にはジェントルクラスの#33 前嶋選手がつけています。ジェントルマンクラスは、2位に#19 HIROBON選手、3位は8番グリッドからスタートしたホンダ シビック タイプR TCR#62 塩谷烈州選手になりました。

さて、注目のドライバータイトル争いは、第4戦終了時点でランキングトップだった#21 篠原拓朗選手が欠場する一方、2番手の#18 マシュー選手が最終戦を優勝したことから、#18 マシュー選手が逆転でドライバータイトルを獲得。ジェントルマンクラスは第1戦と第2戦で優勝し、その後もコンスタントにポイントを獲得してきた#72 YUKU TANIGUCHI選手がシリーズチャンピオンに輝きました。

Series Supporter
Promotion Partner
Copyrights (C) TCRJ All Rights Reserved.