2020.11.14
2020 TCR JAPAN series 第4戦 Sunday Series予選レポート

TCRジャパンシリーズ2020年4戦Sunday Seriesの予選が、2020年11月14日、大分県のオートポリスで開催されました。

Sunday Seriesに先立ち行われたSaturday Seriesの予選では、オーバーオールはアウディ RS 3 LMSの#21 篠原拓朗選手がポールポジションを獲得。一方、ブロンズクラスでは、クプラ TCRの#19 HIROBON選手がトップタイムをマークし、全体の2位につけています。

Saturday Seriesの予選終了から15分後の午前9時35分から、15分間にわたりSunday Seriesの予選が始まりました。開始5分後あたりからタイムアタックが本格化します。ここでいきなり1分55秒744を出してきたのが、オーバーオールで戦う#25 松本武士選手で、この時点で暫定のトップに。その直後、#19 HIROBON選手がセクター1で全体ベストをマークし、トップタイムの更新が期待されました。しかし、その周のタイムは1分55秒845で、#25 松本選手のタイムには及びません。

その後、満を持してタイムアタックに臨んだ#21 篠原拓朗選手が、セクター1、セクター2で全体ベスト。さらにセクター3でも全体ベストをマークし、1分54秒768で#25 松本選手を上回ります。その後、このタイムを更新する選手は現れず、#21 篠原選手はSaturday Seriesに続き、Sunday Seriesでもポールポジションを獲得しました。

ブロンズクラスは、セッション終了ぎりぎりにホンダ シビックTCRの#34 下野璃央選手が1分56秒580をマークしますが、#19 HIROBON選手に及ばずクラス2番手。3番手は、ホンダ シビックTCRの#62 塩谷烈州選手で、このAUTOPOLISでの好調ぶりを示しています。

Sunday Seriesの決勝レースは、翌15日午前9時35分にスタートの予定です。

Series Supporter
Promotion Partner
(C) TCR Japan Series 2020