2020.12.19
2020 TCR JAPAN series 第6戦 Saturday Series予選レポート

TCRジャパンシリーズ2020年第6戦Saturday Seriesの予選が、2020年12月19日、静岡県の富士スピードウェイで開催されました。

最終ラウンドとなるFUJI SPEEDWAYには、アウディ RS 3 LMS:3台、フォルクスワーゲン ゴルフ GTI TCR:1台、ホンダ シビックTCR:2台、アルファロメオ ジュリエッタTCR:2台、アルファロメオ ジュリエッタ ヴェローチェTCR:1台、クプラ TCR:1台の計10台がエントリーしました。うち8台がブロンズクラスでの参加となります。

TCRジャパンシリーズでは、よりエキサイティングな戦いが行われるよう、マシンとドライバーの組み合わせに対して、性能調整を細かく行うためのCompensation Weight(以下CW)を定めています。CWは前ラウンドの予選タイムを基準に算出され、この第6戦ではアウディ RS 3 LMSの#21 篠原拓朗選手に60kg、ホンダ シビックTCRの#34 下野璃央選手とVWゴルフGTIの#25 松本武士選手に40kg、ホンダ シビックTCRの#62 塩谷烈州選手に20kg、クプラ TCRの#19 HIROBON選手に10kgがそれぞれ設定されます。

薄日が差す富士スピードウェイでは、午前8時30分から15分間の公式予選が行われました。気温4℃、路面温度も1℃と低い状態だったことから、各ドライバーは入念にタイヤに熱を入れます。最初の1〜2周でフロントタイヤを暖め、いったんピットストップして前後タイヤを交換。コースに復帰したあとに再度タイヤを暖めてタイムアタックを開始します。

真っ先に1分47秒台をマークしたのが、アルファロメオ ジュリエッタ ヴェローチェTCRでブロンズクラスを戦う#73 大蔵峰樹選手。1分47秒915で基準タイムを設定します。そして、残り時間5分というところで、満を持してタイムアタックに臨んだ#21 篠原選手が、自身が持つ1分48秒377のコースレコードを大きく上回る1分45秒962を叩き出し、トップに踊り出ました。その直後、ブロンズクラスの#19 HIROBON選手が1分46秒941で全体2位、クラストップに。これに、自己ベストを更新する1分47秒494をマークした#73 大蔵選手が続きました。

こうなると、オーバーオールで戦う#25 松本選手のタイムに注目が集まりますが、#25 松本選手は1分47秒651で全体の4番手に留まり、#21 篠原選手にポールポジションが確定しました。

最終的な予選結果は、オーバーオールが#21 篠原選手、#19 HIROBON選手、#73 大蔵選手の順となり、一方ブロンズクラスは、#19 HIROBON選手、#73 大蔵選手に続き、#62 塩谷選手が全体5番手、クラス3番手につけました。

Saturday Seriesの決勝レースは、同日午後0時45分にスタートの予定です。

Series Supporter
Promotion Partner
(C) TCR Japan Series 2020