2020.12.19
2020 TCR JAPAN series 第6戦 Sunday Series予選レポート

TCRジャパンシリーズ2020年第6戦Sunday Seriesの予選が、2020年12月19日、静岡県の富士スピードウェイで開催されました。

Sunday Seriesに先立ち行われたSaturday Seriesの予選では、オーバーオールはアウディ RS 3 LMSの#21 篠原拓朗選手がポールポジションを獲得。一方、ブロンズクラスでは、クプラ TCRの#19 HIROBON選手がトップタイムをマークし、全体の2位につけています。

Saturday Seriesの予選終了から10分後の午前8時55分から、15分間にわたるSunday Seriesの予選が始まりました。気温は5℃、路面温度は2℃に上がったものの、タイヤのウォームアップに時間がかかる状況は変わりません。各ドライバーは入念に前後のタイヤを暖め、セッション中盤からタイムアタックに入りました。

まずはオーバーオールで戦うVWゴルフGTIの#25 松本武士選手が、Saturday Seriesの予選タイムを更新する1分47秒169でトップに立ちます。続いて、ブロンズクラスのホンダ シビックTCRの#62 塩谷烈州選手が1分48秒001で2番手タイムをマーク。さらに、ブロンズクラスのホンダ シビックTCRの#34 下野璃央選手が1分48秒536で続きます。

残り6分というところで、#19 HIROBON選手が1分46秒947を叩き出しトップに踊り出ました。残るは#21 篠原選手ということになりますが、#21 篠原選手は#19 HIROBON選手のタイムをコンマ831縮める1分46秒116でトップを奪い、Saturday Seriesに続き、このSunday Seriesでもポールポジションを獲得しました。予選2番手は#19 HIROBON選手、3番手は#25 松本選手でした。

ブロンズクラスは、#19 HIROBON選手がトップで、2番手が#62 塩谷選手、3番手が#34 下野選手の順です。

Sunday Seriesの決勝レースは、翌20日午前9時5分にスタートの予定です。
Series Supporter
Promotion Partner
(C) TCR Japan Series 2020