2020.12.19
2020 TCR JAPAN series 第6戦 Saturday Series 決勝レポート

TCRジャパンシリーズ2020年第6戦Saturday Seriesの決勝レースが、2020年12月19日、静岡県の富士スピードウェイで開催されました。

午前中に行われた予選では、オーバーオールはアウディ RS 3 LMSの#21 篠原拓朗選手がポールポジションを獲得。一方、ブロンズクラスでは、クプラ TCRの#19 HIROBON選手がトップタイムをマークし、2番グリッドを手に入れています。

厚い雲に覆われた富士スピードウェイは、ときおり雪がちらつき、気温も4℃と低い状況。そんな厳しい天候下で、午後0時45分、通常の大会よりも1周多い2周のフォーメーションラップののち、スタンディングスタートによって決勝レースが始まりました。Saturday Seriesで、すでにオーバーオールのチャンピオンを獲得している#21 篠原選手は「今シーズン一番の出来」と自身で評価する会心のスタートを決め、トップで1コーナーへ。そのすぐ後ろでは、4番グリッドからスタートしたフォルクスワーゲン ゴルフGTIの#25 松本武士選手が、1コーナーで#19 HIROBON選手のインに飛び込み2番手に浮上しました。しかし、#19 HIROBON選手はすぐさま2位を奪還し、以後、#19 HIROBON選手、#25 松本選手、ホンダ シビックTCRの#62 塩谷烈州選手、ホンダ シビックTCRの#34 下野璃央選手による2番手争いが激しさを増していきます。

単独トップに立った#21 篠原選手は、周回を重ねるごとに2位以下のと差を広げていきます。その後方では、#19 HIROBON選手が集団を抜け出し2位を確実にしました。一方、3位を争う#25 松本選手と#62 塩谷選手の差は縮まり、7周目が終わるころにはテールトゥノーズのバトルに発展。そして9周目、コカコーラコーナーで#62 塩谷選手が#25 松本選手をついにオーバーテイクし3位に浮上しました。さらにその後方では、アルファロメオ ジュリエッタ ヴェローチェTCRの#73 大蔵峰樹選手が#34 下野選手をオーバーテイクし、5位に浮上しました。

そしてレースは11周目にファイナルラップを迎え、#21 篠原選手は2位の#19 HIROBON選手に8秒835の差をつけてポール・トゥ・ウィンを達成。2位が#19 HIROBON選手、3位が#62 塩谷選手となりました。ブロンズクラスは、#19 HIROBON選手が優勝し、2位に#62 塩谷選手、3位に#73 大蔵選手が入りました。#34 下野選手はクラス5位でフィニッシュし、Saturday Sereisのクラスチャンピオンを決めました。

翌20日には、Sunday Seriesの決勝が開催されます。スタートは午前9時5分です。
Series Supporter
Promotion Partner
(C) TCR Japan Series 2020