2021.4.3
2021 TCR JAPAN series 第1戦 Saturday Series予選レポート

TCRジャパンシリーズ2021年第1戦Saturday Seriesの予選が、2021年4月3日、静岡県の富士スピードウェイで開催されました。

TCRジャパンシリーズは、TCR車両、すなわち、2リッター以下の直噴ターボエンジンを積むFF車で争われるツーリングカーレースです。各大会は「Saturday Series」と「Sunday Series」で構成され、それぞれに15分間の公式予選と、20分+1LAPの決勝レースが行われます。3年目となる今シーズンは、ゴールドドライバーの参加が可能になるとともに、ドライバーのレベルによるクラス分けを行わず、全員が同じ舞台で戦うことになります。タイヤはヨコハマのワンメイクです。

富士スピードウェイで行われる開幕戦には、アウディ RS 3 LMS:4台、フォルクスワーゲン ゴルフ GTI TCR:1台、ホンダ シビックTCR:3台、アルファロメオ ジュリエッタ ヴェローチェTCR:1台、クプラ TCR:1台の計10台がエントリーしました。

曇り空のもと、午前7時45分から15分間にわたるSaturday Seriesの予選が始まりました。各ドライバーはさっそくコースインしてタイヤをウォームアップ。その多くは最初の1〜2周でフロントタイヤを暖め、いったんピットに戻って前後タイヤを交換。その後、再度タイヤを暖めてタイムアタックを開始します。

さっそく基準となる1分48秒739をマークしたのが、アルファロメオ ジュリエッタ ヴェローチェTCRで戦う#73 大蔵峰樹選手。これをホンダ シビックTCRの#45 竹田直人選手が1分48秒790で迫ります。すると、アウディ RS 3 LMSの#65 加藤正将選手がセクター1で全体ベスト、セクター2で自己ベストを更新する走りを見せ、1分48秒638でトップに踊り出ました。その直後、アウディ RS 3 LMSの#21 藤井優紀選手がこれをコンマ537上回る1分48秒101を叩き出し、トップがめまぐるしく変わっていきます。

ここで、昨年のSaturday Seriesでブロンズクラス優勝を果たしたクプラ TCRの#19 HIROBON選手がアタックを開始。セクター1、セクター2ともに全体ベストを更新する走りで1分47秒855のトップタイムをマークし、チャンピオンの意地を見せました。

その後、#21 藤井優紀選手が1分47秒650でトップを奪い返しますが、#19 HIROBON選手は次の周回で自己ベストを更新する1分47秒588にタイムを上げ、ポールポジションを獲得。#21 藤井優紀選手は2番手、アウディ RS 3 LMSで1分48秒151を記録した#7 井上恵一選手が3番手という結果になりました。

Saturday Seriesの決勝レースは、同日午後1時10分にスタートの予定です。

Series Supporter
Promotion Partner
(C) TCR Japan Series 2020