2021.7.24
2021 TCR JAPAN series 第3戦 Sunday Series - 1 決勝レポート

TCRジャパンシリーズ2021年第3戦Sunday Series 1の決勝レースが、7月24日、宮城県のスポーツランドSUGOで開催されました。

スターティンググリッドは、午前中に行われた予選のセカンドベストタイム順となり、1分28秒672を記録したフォルクスワーゲン ゴルフ GTI TCRの#18 松本武士選手がポールポジションを獲得。以下、2番グリッドがアウディ RS 3 LMSの#21 篠原拓朗選手、3番グリッドがホンダ シビックTCRの#97 三浦 愛選手という結果となりました。

暑さのピークは過ぎたものの、それでも28℃を上回る気温が続くSUGOでは、午後4時30分、23分プラス1周の決勝レースが始まりました。注目のスタートは、ポールポジションの#18 松本選手がそつなくスタートを決める一方、2番グリッドの#21 篠原選手がまたもや出遅れ、最後尾まで順位を落としてしまいます。

オープニングラップを終えて、4番グリッドからスタートしたクプラ TCRの#19 HIROBON選手が2位、5番グリッドのアウディ RS 3 LMSの#65 加藤正将選手が3位になり、一方、3位スタートの#97 三浦選手は4位にポジションを落としました。

トップを走る#18 松本選手は速いペースを保ち、後続との差をぐんぐん広げていきます。また2位を走る#19 HIROBON選手も集団から抜け出して単独走行に。その後方では、#65 加藤選手と#97 三浦選手による3位争いが熱を帯びてきます。さらに、最後尾までポジションが落とした#21 篠原選手が5位まで順位を回復し、#97 三浦選手の背後に迫ってきました。

この3台による3位争い、6周目に#21 篠原選手が#97 三浦選手をかわして4位に浮上すると、その勢いのまま#21 篠原選手は#65 加藤選手に襲いかかります。同じアウディRS 3 LMSで戦うこのふたり、コーナーでは#21 篠原選手が#65 加藤選手に詰め寄るものの、60kgのCWに苦しむ#21 篠原選手が最終コーナーから1コーナーで#65 加藤選手に差を広げられるという展開が続きます。それでも11周目の3コーナーで、ついに#21 篠原選手は#65 加藤選手をオーバーテイクし3位に浮上しました。

さらに前を狙いたい#21 篠原選手でしたが、16周のファイナルラップまでに#19 HIROBON選手に追いつくことはできませんでした。これにより、レースは#18 松本選手が2戦連続でポール・トゥ・ウィンを達成、#19 HIROBON選手が2位、#21 篠原選手が3位となりました。

翌25日には、Sunday Series 2の予選と決勝レースが行われます。

Series Supporter
Promotion Partner
(C) TCR Japan Series 2020