2021.8.29
2021 TCR JAPAN series 第4戦 Sunday Series 予選レポート

TCRジャパンシリーズ2021年第4戦Sunday Seriesの予選が、2021年8月29日、栃木県のツインリンクもてぎで開催されました。

前日行われたSaturday Seriesの決勝レースでは、クプラ TCRの#19 HIROBON選手がポール・トゥ・ウィンを果たしました。2位にはホンダ シビックTCRの#97 塩津佑介選手、3位にはアルファロメオ ジュリエッタ ヴェローチェTCRの#73 大蔵峰樹選手が続きました。

曇り空のツインリンクもてぎでは、午前8時30分から15分間にわたるSaturday Seriesの予選が始まりました。前日の予選で、コースレコードの2分1秒726にコンマ02秒まで迫る走りを見せた#19 HIROBON選手を先頭に、9台のマシンがコースイン。気温25℃、路面温度29℃という格好のコンディションだけに、好タイムが期待できます。

さっそく計測1周目、#19 HIROBON選手があっさりとコースレコードを更新する2分1秒628を叩き出しトップに。これを追うように、#97 塩津選手が2分2秒151で2番手、#73 大蔵選手が2分2秒507で3番手、アウディ RS 3 LMSの#101 藤井優紀選手が2分2秒723で4番手のタイムをマークしていきます。

その後、各車はいったんピットストップしてタイヤを交換したあと、2度目のタイムアタックに臨みます。ここで#97 塩津選手が前半の自己ベストを約1秒縮める2分1秒196で堂々トップに踊り出ます。セッション前半でトップに立った#19 HIROBON選手は走路外走行でベストラップを含む当該ラップが抹消され、結果的には予選通過タイムをクリアできませんでした。

一方、#101 藤井選手が2分1秒898で自己ベストを更新しますが、#97 塩津選手にはコンマ702及ばず2位に。3番手には、セッション終了間際に2分2秒490をマークしたアウディ RS 3 LMSの#17 鈴木建自選手がつけています。

Sunday Seriesの決勝レースは、同日午前11時25分にスタートの予定です。
Series Supporter
Promotion Partner
(C) TCR Japan Series 2020