2021.10.16
2021 TCR JAPAN series 第5戦 Sunday Series 予選レポート

TCRジャパンシリーズ2021年第5戦Sunday Seriesの予選が、2021年10月16日、栃木県のツインリンクもてぎで開催されました。

Sunday Seriesに先立ち行われたSaturday Seriesの予選では、アルファロメオ ジュリエッタ ヴェローチェTCRの#73 大蔵峰樹選手がコースレコードを更新する2分0秒978をマークして初のポールポジションを獲得。これに、ホンダ シビックTCRの#62 塩谷烈州選手、クプラ TCRの#19 HIROBON選手が続きました。

Saturday Seriesの予選終了から10分後の午前8時40分から、15分間にわたるSunday Seriesの予選が始まりました。先頭でコースインしたアウディ RS 3 LMSの#65 加藤正将選手が、計測1周目にさっそくタイムアタックし、直前のセッションを上回る2分1秒399で暫定トップに踊り出ました。これに、クプラ TCRの#19 HIROBON選手が2分1秒713で2位、ホンダ シビックTCRの#55 MOTOTINO選手が2分1秒943で続きました。

セッション中盤、直前のSaturday Seriesの予選でポールポジションを獲得した#73 大蔵選手が満を持してタイムアタックを開始。「1コーナーでミスをしてしまった」という#73 大蔵選手は、自身が持つコースレコードの2分0秒978を更新することこそできませんでしたが、それでも2分1秒010は全体のトップタイムとなり、2戦連続でポールポジションを獲得しました。

セッション終盤には、#55 MOTOTINO選手が自己ベストを更新する2分1秒577をマーク。2番手の#65 加藤選手のタイムにはコンマ178秒届かなかったものの、3番グリッドを手に入れています。

Sunday Seriesの決勝レースは、翌17日午前10時5分にスタートの予定です。
Series Supporter
Promotion Partner
(C) TCR Japan Series 2020