2021.10.31
2021 TCR JAPAN series 第6戦 Sunday Series 予選レポート

TCRジャパンシリーズ2021年第6戦Sunday Seriesの予選が、2021年10月31日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されました。

前日行われたSaturday Seriesの決勝レースでは、ホンダ シビックTCRの#62 塩谷烈州選手が優勝。2位には紅一点、ホンダ シビックTCRの#98 猪爪杏奈選手、3位にはアウディ RS 3 LMSの#65 加藤正将選手が続きました。

前戦の第5戦が終わった時点で、ドライバーのシリーズポイントは、クプラ TCRの#19 HIROBON選手が96ポイントでトップ。これを#65 加藤選手が、18ポイント差の78ポイントで追っています。シリーズチャンピオン争いはこの2人に絞られ、その戦いに注目が集まります。

予選開始直前の鈴鹿サーキットはほぼドライコンディションながら、雨がポツリポツリと降る状況。ウェット宣言のもと、午前8時35分から15分間にわたるSunday Seriesの予選が行われました。しかし、セッションが始まると、弱いながらも雨量が増え、コースのアスファルトの色がみるみる変化していきます。できるだけ良い路面コンディションのうちにタイムを出しておきたいというドライバーたちは、セッション開始とともに一斉にコースに向かいます。なかにはインラップでスピンやコースアウトするマシンも見られ、路面コンディションの難しさを物語っていました。

1周を終えて、#19 HIROBON選手がピットイン。暖めたフロントタイヤを、暖まりにくいリアに替え、引き続きスリックタイヤのままコースへと戻ります。その間、コースに留まり周回を重ねる#62 塩谷選手が、まずは2分35秒144のターゲットタイムをマーク。ここからセッションは熱を帯びていきます。#98 猪爪選手、#大蔵選手が続けざまに2分35秒台をマークすると、遅れてタイムアタックに臨んだ#19 HIROBON選手が他を圧倒する2分27秒280で一気にトップに踊り出ました。

その後も#19 HIROBON選手の勢いは留まるところを知らず、周回を重ねるごとに自己ベストを更新。最終的には2分19秒071までタイムを縮め、ポールポジションを獲得しました。2番手には2分21秒351を叩き出した#62 塩谷選手がつけましたが、走路外走行の判定によりタイムは抹消。代わりに2分22秒506をマークした#65 加藤選手が2番グリッドを獲得。3位は2分24秒102の#98 猪爪選手になりました。

Sunday Seriesの決勝レースは、同日午前11時15分にスタートの予定です。


Series Supporter
Promotion Partner
(C) TCR Japan Series 2020