HOME > NEWS > TCR JAPAN series 第1戦 Saturday Series予選レポート
2019.05.18
TCR JAPAN series 第1戦 Saturday Series予選レポート

TCRジャパンシリーズ2019第1戦Saturday Seriesの予選が、2019年5月18日、大分県のオートポリスインターナショナルレーシングコースで開催されました。

今年スタートしたTCRジャパンシリーズは、TCR車両、すなわち、2リッター以下の直噴ターボエンジンを積むFF車で争われる新しいツーリングカーレースです。その記念すべき開幕戦には、アルファロメオ ジュリエッタ TCRが2台、ホンダ シビック タイプR TCRが4台、アウディ RS 3 LMSが5台、フォルクスワーゲン ゴルフGTI TCRが4台の計15台が参加。15人のドライバーのうち11人は「ジェントルマンドライバー」であり、趣味としてレースを楽しむ人々にとって待望のレースだったことを物語っています。

オートポリスは朝からあいにくの雨。ヨコハマタイヤのレインタイヤを履いてTCR車両を走らせるのは初めてというドライバーが多い中、午後1時5分から20分間の公式予選が始まりました。

ピットオープンと同時にほぼ全車がコースへ。さっそく、#21 アウディ RS 3 LMSの篠原拓朗選手が2分11秒287のトップタイムをマークし、これをフォルクスワーゲン ゴルフGTI TCRの#52 密山祥吾選手が、コンマ314差の2分11秒601で迫ります。さらにタイムアップを狙うなか、コースアウトの車両を回収するためセッションは赤旗中断に。予選再開後、追い上げを見せていた#52 密山選手がコースアウトし自己ベスト更新を果たせなかったのに対し、#21 篠原選手は2分11秒050を叩き出し、これでポールポジションが決まったかと思われました。

ところが、予選終了間際に、#18 ホンダ シビック タイプR TCRをドライブするMatthew Howson選手が2分10秒625を叩き出してポールポジションを獲得。2番手は#21 篠原選手、3番手は#5 ホンダ シビック タイプR TCRの金丸ユウ選手となりました。

ジェントルマンクラスでは、終盤、ようやく思いどおりのタイムアタックができたという#24 アウディ RS 3 LMSのKENJI選手が、2分12秒185でポールポジションを獲得。これに#62 ホンダ シビック タイプR TCRの塩谷烈州選手が続きました。

Saturday Seriesの決勝レースは、同日午後4時30分にスタートの予定です。



Series Supporter
Promotion Partner
Copyrights (C) TCRJ All Rights Reserved.