2020.08.29
2020 TCR JAPAN series 第2戦 Saturday Series決勝レポート

TCRジャパンシリーズ2020第2戦Saturday Seriesの決勝レースが、2020年8月29日、栃木県のツインリンクもてぎで開催されました。

午前中に行われた予選では、オーバーオールがアウディ RS 3 LMSの#21 篠原拓朗選手、ブロンズクラスがホンダ シビックTCRの#34 下野璃央選手がそれぞれトップタイムをマークし、ポールポジションを獲得しています。

強烈な日差しにより、厳しい夏の暑さに見舞われたツインリンクもてぎでは、午後1時35分、スタンディングスタートにより20分プラス1周の決勝レースが開始。ポールポジションの#21 篠原選手は、スタートのタイミングがあわせきれず、直後の1コーナーで2番グリッドスタートのVWゴルフGTIの#25 松本武士選手に並ばれてしまいます。それでも#21 篠原選手は#25 松本選手をなんとか抑えてトップを守ります。その背後には、ブロンズクラスのホンダ シビックTCRの#34 下野璃央選手がぴたりと続き、この3台によるトップ争いが激しさを増していきます。

その後方では、5番手からひとつポジションを上げたホンダ シビックTCRの#62 塩谷烈州選手を先頭に、VWゴルフGTIの#19 HIROBON選手、アウディ RS 3 LMSで出場している#101 中原英貴選手、アルファロメオ ジュリエッタ ヴェローチェTCRの#73 大蔵峰樹選手の4台が4位争いを繰り広げる展開になりました。

先頭集団は、予選から変更したセッティングが決まったという#21 篠原選手が2番手の#25 松本選手との差をじわじわと広げ、気がつけば独走体勢に。#21 篠原選手はそのまま逃げ切り、開幕から2連勝を果たしました。一方の松本選手は後半、#34 下野選手に差を詰められていきます。それでも、「あと2周あればオーバーテイクできたかもしれない」という#34 下野選手でしたが、#25 松本選手を攻略することはできず、#25 松本選手が2位でフィニッシュ。#34 下野選手はオーバーオールで3位、ブロンズクラスで初優勝を手に入れました。

その後方では、4番手争いから抜け出した#62 塩谷選手がブロンズクラスの2位でゴール。中盤まで続いたクラス3番手争いは、#19 HIROBON選手が#101 中原選手を抑えきり、表彰台を獲得しています。

翌8月30日には、Sunday Seriesの決勝が開催されます。スタートは午前11時55分です。

Series Supporter
Promotion Partner
(C) TCR Japan Series 2020