2021.5.15
2021 TCR JAPAN series 第2戦 Saturday Series決勝レポート

TCRジャパンシリーズ2021年第2戦Saturday Seriesの決勝レースが、2021年5月15日、大分県のオートポリスで開催されました。

午前中に行われた予選では、ホンダ シビックの#45 白坂卓也選手が2分8秒237をマークしてポールポジションを獲得。2番グリッドがクプラ TCRの#19 HIROBON選手、3番グリッドがアウディ RS 3 LMSの#65 加藤正将選手という結果となりました。

朝から雨が降り続くオートポリスでは、予定より20分遅れの午後2時25分、1周のフォーメーションラップののち、スタンディングスタートにより決勝レースが始まりました。フロントロウの#45 白坂選手と#19 HIROBON選手に加えて、7番グリッドのホンダ シビックの#97 三浦 愛選手が好スタートを決め、1コーナーへと向かいます。ホールショットをしっかりと決めた#45 白坂選手ですが、100Rでウェット路面に足をすくわれてスピンし、ポジションを落とす波乱の展開に。これで#19 HIROBON選手がトップを手にし、2番手には#65 加藤選手、3番手には#97 三浦選手がポジションを上げます。

そして2周目、#97 三浦選手が#65 加藤選手をオーバーテイクして2位に浮上。3周目途中からは#19 HIROBON選手と#97 三浦選手とのトップ争いが激しさを増していきます。#97 三浦選手はコーナー入り口で#19 HIROBON選手に迫るものの、#19 HIROBON選手をオーバーテイクするにはいたらず、ストレートで#19 HIROBON選手に差を広げられるという展開が続きます。一方の#19 HIROBON選手は、ウェット路面で不安定なマシンをなんとかコントロールし、要所要所で#97 三浦選手を巧みに抑えます。

その後方では、一時順位を落とした#45 白坂選手が3位を走る#65 加藤選手の背後につき、表彰台をかけたバトルが勃発。トップ争いと3位争いは、このままファイナルラップの10周目まで続くことになりますが、最終的には#19 HIROBON選手が逃げ切り優勝。2位が#97 三浦選手、3位が#65 加藤選手という結果となりました。なお、ファステストラップは#19 HIROBON選手が9周目にマークしています。

Sunday Seriesの決勝レースは、翌16日午前9時45分にスタートの予定です。

Series Supporter
Promotion Partner
(C) TCR Japan Series 2020