2021.8.20
TCR Japan Series 2022年から住友ゴム工業株式会社 ダンロップタイヤを採用

日本TCRマネジメント株式会社は、2022年から3年間の契約で住友ゴム工業株式会社 ダンロップタイヤをコントロールタイヤとして採用することを決定しました。

今後、レースで使用するスペックを厳選し、全チームによる合同テストを経て2022年2月をめどに供給販売を開始する予定です。


住友ゴム工業株式会社 モータースポーツ部長 竹内次郎 コメント

この度は、弊社製品をコントロールタイヤとして選定いただき誠にありがとうございます。TCRシリーズ という、ヨーロッパやアジア各国、豪州、北米、南米等で人気のレースに携われることを大変嬉しく思います。今後は、安定した性能を発揮できるタイヤを開発・供給し、エントラントの皆様がハイレベルなレース をお楽しみ頂ける様、ダンロップ一丸となって取り組んでまいります。今後とも、どうぞよろしくお願い申 し上げます。


日本TCRマネジメント株式会社 代表取締役社長 倉下 明 コメント

TCRジャパンシリーズは2022年シーズンより、新たなタイヤサプライヤーをお迎えすることになりました。 住友ゴム工業株式会社様は、モータースポーツに対するグローバルな見識と情熱をあわせ持っておられ、私たちのシリーズをより高いステージに導いてくださると確信しています。現在2021年シーズン途中ではありますが、2019年のTCRJスタートよりコロナ禍の中のむずかしいシーズンを通して、変わらぬご支援とご尽力をいただきました横浜ゴム株式会社様には、深く感謝申し上げます。引き続き手を携えて、今シリーズ を盛り上げていく所存です。

Series Supporter
Promotion Partner
(C) TCR Japan Series 2020