2022.08.20
2022 TCR JAPAN series 第4戦 Sunday Series 予選レポート

TCRジャパンシリーズ2022年第4戦Sunday Seriesの予選が、2022年8月20日、栃木県のモビリティリゾートもてぎで開催されました。

Sunday Seriesに先立ち行われたSaturday Seriesの予選では、アウディ RS 3 LMSの#65 加藤正将選手が2分2秒135をマークしてポールポジションを獲得。2位にクプラ TCRの#19 HIROBON選手、3位にホンダ シビックTCRの#98 猪爪杏奈選手がつけました。

本来ならSaturday Seriesの予選終了から20分後の午前8時35分から、15分間にわたるSunday Seriesの予選が始まる予定でしたが、Saturday Seriesの予選中に赤旗中断があり、その遅れを取り戻すために、Saturday Seriesの予選終了から10分後の午前8時50分からセッションがスタート。Saturday SeriesとSunday Seriesでは使用できるタイヤが異なるため、チームは10分のインターバルで慌ただしくタイヤ交換作業を行い、ドライバーをコースに送り出します。

例によってセッション序盤には、前後タイヤを入れ替えてタイヤのウォームアップを実施。それが終わったマシンからタイムアタックが始まりました。まずは#19 HIROBON選手が計測1周目に、直前に行われたSaturday Seriesのトップタイムをコンマ465秒上回る2分1秒670をマークし、トップに踊り出ます。続く#98 猪爪選手は、計測2周目でセクター1とセクター3で全体ベストをマークする走りで2分1秒375を叩き出し、トップを奪いました。

遅れてタイムアタックに挑んだ#65 加藤選手は、#98 猪爪選手にコンマ284秒及ばぬ2分1秒659で2番手。この時点でセッションの残り時間は3分ほどでしたが、その後、上位3名のうち再度タイムアタックに挑む者はなく、#98 猪爪選手はSunday Seriesで2回目のポールポジションを獲得しました。これに#65 加藤選手、#19 HIROBON選手が続きました。

Sunday Seriesの決勝レースは、翌21日午後0時40分にスタートの予定です。
Series Supporter
Promotion Partner
(C) TCR Japan Series